30代の美容方法について。

30代の美容方法は若い頃と違ってひと手間プラス、特に保湿や血行を促すことが大切になってきます。

30代の美容方法について。

30代の美容方法について。 若い頃は特に何もしなくてもトラブルがなかったとしても、30代の美容は注意が必要です。特に乾燥で小じわが目立ったり、血行が悪くなってクマやくすみが出てくる、しみが増えるなどの悩みがどんどん出てきます。特に注意したいのは、保湿です。たっぷりの化粧水で手のひらが顔にくっつくらい、しっかりと肌に水分を与えることが重要です。できればシートマスクを使うと、より効果的に保湿することができます。日中どんどん乾燥していきますから、お化粧の上から保湿できるスプレータイプの化粧水などを利用するのもいいでしょう。

マッサージクリームで定期的にお肌のマッサージができれば理想ですが、面倒だなというときは、乳液やクリームを多めにして朝晩と軽くマッサージするだけでも血行がよくなって、ぽっと頬に赤みが差して顔が明るく見えます。年齢の出る首も一緒にお手入れしたり、残った乳液やクリームをハンドクリームのように手に伸ばしたり、ついでのひと手間で忙しい日々の中、美容の時間を組み込んでみましょう。手抜きすると、老けて見えたり、もっと年齢を重ねたとき、ちゃんとしておけばよかったと悔やむことになりかねません。そうならないためにも、今からできる限りのお手入れをしておくことが大切です。